私たちはグローバリゼーションの時代に生きています。ただ1つの国に限定されるものはありません。多くの企業では、世界中のさまざまな場所で同じ製品を使用している人がいます。これはソフトウェア会社によって非常に簡単に実行できます。ソフトウェア開発会社は、同じプロジェクトに取り組むすべてのプログラマーが同じ場所にいる必要はありません。 彼らは簡単に進行状況を共有し、インターネット経由でコードを更新することができます

すべての企業は、営業費用を最小限に抑えて利益を増やしたいと考えています。これは、アウトソーシングが行われる場所です。アウトソーシングは、企業に安価で多様な才能を提供します。アウトソーシングは関係する両当事者に役立ちます。途上国ではより多くの雇用を創出し、同時に巨額の利益を上げて外注する企業にも利益をもたらします。

アウトソーシングの利点は、適切な国にアウトソーシングすることによってのみ可能になります。インドはアウトソーシングの場として永遠に知られていますが、インド市場は飽和状態に達しており、ベトナムのような東南アジアの他の国々を見る企業があります。ベトナムは次のインドになる道を歩んでいる。ベトナムへのアウトソーシングが好都合な理由はたくさんあります。

1.人口

ベトナムへのアウトソーシングの主な利点は、その若い人口です。ベトナムの人口の約70%は35歳未満で、約45%が15歳から35歳の間にあります。これは、人口の約半分が労働力に合っていることを意味します。だから、良い雇用を探している人々の数は非常に多いです。ベトナムの識字率は97%であり、就労準備が整っている人口のほぼすべてが教育を受けていることを意味しています。

2.教育レベル

ベトナムは識字率がかなり高いという事実に加えて、毎年約28万人の大学卒業者を抱えています。毎年、教育システムは、就職準備ができている28万人の学生を送り出しています。この28万人のうち、3万〜4万人が情報通信分野を卒業しました。彼らは新鮮な才能を求めているアウトソーシング企業のための主要な候補者です。

3. IT専門学校

ソフトウェア開発を外部委託しようとする企業は、特に情報通信技術の訓練を受けた卒業生が必要です。情報技術分野のコースを提供する250以上の大学や大学があります。これに加えて、情報技術関連のコースを提供する専門学校187校もあります。学生は、ソフトウェア開発のキャリアを追求するのに役立つ科目で教育を受ける機会があります。ベトナムにアウトソーシングする企業が増えれば、より多くの学生がキャリアの道をソフトウェア開発者にすることになります。

4.勤勉な人々

すべての企業には、勤勉であり、会社になることを熱望している労働力が必要です。勤勉な従業員は会社の進歩をより速くします。プロジェクトをより早く完了するのに役立ちます。これにより、企業は厳しいスケジュールでより革新的なプロジェクトを推進することができます。これにより、企業は今日の競争の激しい世界で生き残ることができます。私たちが住んでいる世界では、企業が競合他社よりも早く新技術を生産することが非常に重要になっています。勤勉で熱心な従業員も、会社の全般的な士気を高めます。また、彼らはお互いを刺激し、お互いにより良く働くことを保証します。

5.低コスト

ベトナムの開発者を雇うコストは、アメリカでの人材の雇用コストと比較してかなり低い。ベトナムの開発者をアメリカの開発者の90%のコストで雇うことができます。アウトソーシングの主な目的はコスト削減であり、今までアウトソーシングの主な場所はインドでしたが、コストもインドの開発者のコ​​ストと比較すべきです。ベトナムの開発者は、インドの開発者に比べて30%のコストがかかります。したがって、ベトナムは他の途上国の大半よりも識字率が高いだけでなく、ベトナムに外注するのにかかるコストも低くなります。これは、アウトソーシング、優れた人材、低コストを目指す企業にとって魅力的な組み合わせです。

6.安定性

エジプトは数年後にアウトソーシングするための主要な場所でしたが、その後、国の不安定な政治情勢がそれを取り戻しました。スリランカも多くの内部闘争をしてきた。ベトナムは政治的に不安定ではない。それは過去30年間、安定した政治的風土を持ち、同じ政権を持っていました。また、安定した経済成長を遂げています。ベトナムのGDP成長率は約7.4%です。地理的位置がかなり高いです。人口のおよそ90%はベトナム人であり、彼らはまたいかなる宗教にも従わない。これは、その国での民族紛争や宗教紛争の理由がほとんどないことを意味します。この地域は政治的、経済的、宗教的、民族的に安定しているため、研修などの目的でベトナムに旅行する方が安全です。

7.大きな投資家

既にベトナムに投資してきたハイテク業界には、多くの大きな選手がいます。インテル、IBM、富士通、フォックスコン、キヤノンはそのような名前です。より多くの企業が国へのアウトソーシングに投資すると、国内のインフラもそれに応じて発展します。これにより、より多くの企業がベトナムに外注することがさらに改善されます。これは、より多くの企業が国にアウトソーシングすることで、より多くの企業がアウトソーシングすることを容易にするサイクルです。インテルやIBMのようないくつかの大企業は既にベトナムにアウトソーシングを開始しているので、彼らは基礎を築き、基本インフラを構築するのを手伝った。彼らはまた、IT企業で働く市民の関心を掻き立てました。ベトナムに外注することを望む新しい企業は、この熟した状況を悪用する必要があります。

上記のすべてがソフトウェア企業がベトナムに外注するのには非常に良い理由です。どんなベトナムのソフトウェア会社も、この決定から利益を得ているだけです。