ベトナムオフショア開発企業と協力している方は以下ベトナム人の特徴を理解したら、仕事に役に立つと思います。

なんか特別な事かな〜、一緒に見ましょう!

宗教

儒教(宗教以上の哲学である)は、ベトナムの思想や伝統に大きな影響を与えました。 仏教とキリスト教は、ベトナムで最も人気のある2つの宗教です。 しかし、人口の大半は宗教に従わず、祖先だけを崇拝しています。

仕事

  • ベトナムの従業員は、特にビジネスミーティングでは、非常に厳守されています。 しかし、ベトナムの仕事文化においても、通常約5分ぐらい遅刻するのは大丈です。
  • ベトナムの従業員は通常、仕事中に真剣に会議を行い、会議では緊張しています(リラックスしていない)。この特徴は日本人と同じかな〜
  • 性別は職場では一般的ではありません。 しかし、ソフトウェア産業の男性労働者よりも女性労働者の数がはるかに少なく、これは性差別に関係しないという事実である。
  • ベトナム人はセクシュアルハラスメントの許容度がはるかに高い。 これは、西洋文化におけるセクシャルハラスメントと見なされる多くの行動がベトナムでは見られないことを意味します。 一般的に言えば、ベトナム人はセクシュアルハラスメントに身体的接触が必要であると考えるのが一般的です。 このトピックでは、ベトナム従業員の理解を深めるために誘導や指導を行う必要があるかもしれません。
  • ベトナムの従業員は通常、チームワークとコラボレーションを強化するために、社外の他の人と個人的な信頼関係を構築する必要があります。 これは、ベトナムの企業が通常、数ヶ月ごとに夕食や飲み会をしたり、チームメンバーが一緒に遊ぶスポーツ活動をスポンサーにするための予算を持っている理由です。 ビジネスでは、ビジネスパートナーを夕食、飲み会などのエンターテイメント活動に招待することで、契約書に署名する可能性が高くなります。
  • 儒教の階層構造に影響されて、ほとんどのベトナムの従業員は、より高い地位の人やそれよりも年上の人を尊重する義務があると考えていることはよくあることです。
  • ベトナムの人々はいつも親切です。 ゲストとしては、ベトナムのホストが昼食や夕食を取ることが一般的です。 しかし、ベトナムの人々は、彼らがゲストであるときには、同じことを期待している。

コミュニケーション

  • 会話のための良いトピックは、スポーツ、旅行、食べ物、音楽、映画、天気です。サッカーはベトナムで最も人気のあるスポーツであり、ベトナムの人々はそれを「サッカー」と呼びます。政治的な話題、特にベトナムの政治を避けてください。

  • ベトナムの開発者は、通常、良い交際スキルを持っていません。

  • ベトナムの名前は、姓の後にミドルネームが続き、次に名前がついた順に書かれています。ベトナムの一般的な姓は、氏名でも氏名でも呼ばれます。 グエン:ベトナム人口の40%(FYI、グエンはオーストラリアで13番目に人気のある姓で、特にシドニーとメルボルンで急成長しています) トラン:ベトナム人口の10% Le:ベトナム人口の10%

  • あるグループのベトナム人が何かについて意見を求められた後に黙っている場合、それは2つの方法で解釈することができます: グループは、提案されたものに同意する(または少なくとも異議はない)。これは、より可能性の高いケースです。 グループは、提案されたものに驚かされたり、ショックを受けたりします。これはあまりあり得ないケースです。

エンターテインメント

ベトナムでは、以下のエンターテイメント活動が頻繁に行われ、ゲストとして招待することができます。

  • 外食、アルコル飲む
  • カラオケ
  • ボーリング
  • コーヒーショップで遊ぶ
  • バーやパブでくつろぐ
  • マッサージ(ベトナムでは違法ですが、マッサージサービスの中には性的サービスも含まれていますので、マッサージに招待された場合はホストと確認することをお勧めします)。

服装

  • 一般的に言えば、ベトナム人は欧米人よりも格段に服を着る。これはベトナムの暑い時期、特に南部のためかもしれません。

  • スーツとネクタイはあまり一般的ではありません。人々は非常に重要なビジネスミーティング(契約書に署名するときなど)でスーツとネクタイを着用します。
  • 北部でのドレッシングは、主に文化や気候の違いのために、南部よりもフォーマルです。ベトナム北部ではスーツとネクタイがより人気があります。

  • 開発者は通常より気軽に服を着る。ホーチミン市の開発者のほとんどは、オフィスのジーンズとTシャツを着用しています。サンダルやフリップフロップも使用できます。一部の企業では、オフィスでショートパンツを着用することさえできます。

有休および祝祭日

  • ベトナムの労働法によれば、従業員は少なくとも12日間の年次休暇を取る必要があります。 一部の企業では、従業員の年間年間最長20日間の休暇を取ることができます。

  • ベトナムの従業員は通常、長い休暇のために年次休暇のすべてを保存しません。 代わりに、彼らは通常、年間いくつかの短い休暇を取る。 ベトナムは10日間の祝祭日を持ち、Tet(または旧正月)は(西洋文化のクリスマスのような)最大の祝日です。 Tetの公式の休日はわずか5日間であるにも関わらず、人々は通常、この期間中の年次休暇を使って余分な休日を取る。